Learning science Labo

【あなたはIQについて本当に理解していますか? 】知能指数の意味を解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IQ Test やIQ160の天才!など、テレビやSNSで良く見るIQ。頭の良さを表すってことはなんとなく分かるけど、なんだか難しそうでよくわからないというのが正直なところではないでしょうか。

今回はIQの意味や測定方法について解説します。

キーポイント 

  •  IQとは人口のうち上位何%で知能が高いかを表す数値のこと
  •  IQを測るための検査には3種類あり、高すぎるIQ値は要チェック
  •  IQはあくまでも、数値であり人の性質を全て表すものではない

IQ (Intelligence Quotient) の意味

IQとは知能指数を意味する言葉であり、一般に人の知能を相対的に数値化したものです。相対的に数値化とは要するに全人口を母集団とした時に自分の頭の良さ(悪さ)が上位〇〇%(下位〇〇%)かを表すものです。

もっと簡単に言えばIQ115は100人のうち上位16人、IQ130の人は100人のうち上位2人に入る知能の持ち主ということです!

でもそもそも頭がいい、知能が高いとはどういう事でしょうか。

学校にいる間は勉強ができる人が頭がいい人、知能が高い人というイメージがあると思います。

でも社会人の方はわかるかと思いますが、必ずしも勉強ができる人が社会でも頭がいいとみなされるかといえば、必ずしもそんなことはないですよね。

勉強はできるのに残念な人とか、話せば頭はいいのにだらしがなくて勉強はおろか仕事もままならない人など、どこにでもいそうですよね。

この記事でも紹介した通り、必ずしもIQだけではその人の能力を正確に測ることはできません。

なので、IQが低くて悩んでいる人は自分の人生にはあまり関係がないと割り切っちゃうことも大切です。

IQは知能検査の結果に基づく人口における相対的な位置を表すものであるのに対して、知能の意味・定義については学術上も多くの争いがあり、未だにその意味や定義は確定していないのが現状です。

知能については、下の記事で詳しく解説しましたので参考にしてください。

・追記予定

 測定方法

病院等で行う心理検査からテレビやネット等で行うIQ TestまでIQを測れるとされているものはたくさんあります。

しかし、一定程度以上の信頼性・妥当性を有したIQの測定手法は限られていて 、現代的にはウィクスラー式心理検査(waisまたはwisc)が最も信頼性が高い心理検査として知られています。

この試験の標準偏差は15のため、全人口の68%はIQ85〜115の中に、全人口の95%はIQ70〜130の中に収まります。上記の例もこの検査を前提に計算しています。

標準偏差については外部記事ですが、以下が参考になるかと思うのでご紹介します。

標準偏差とは何か?その求め方や公式の意味・使い方をわかりやすく説明します | アタリマエ!

要するにIQ130ある人は全人口のうち上位2%の頭の良さを持っているという事。ちなみにこのウィクスラー式検査の上限は160でそれ以上は161以上という表現になります。

でもよくテレビでIQ165の天才!とか誰々のIQは170を超えている!みたいなことを言ってますよね。

実はIQを計算するための検査(標準偏差)はウィクスラー式(標準偏差15)のほかにも2つあるんです。

それが、標準偏差24のキャテルスケール(Cattell scale)と標準偏差16の田中ビネー式です。

ウィクスラー式でIQ130は上位2%の知能の持ち主ですが、キャテルスケールでは、上位2%のIQは148になります。

テレビに出ているIQはこのキャテルスケールに基づくIQを言っている事が多く、見かけ上のIQを高く見せているのです。

まあ、IQ130ですっていうよりもIQ 148ですって言った方が凄そうな感が伝わるので、そう言ってしまう気持ちもわかりますね。

なので、テレビ等でIQ〇〇と言っているときはどの検査に基づいたIQなのかが重要ってことは覚えておいてください。

ちなみに高IQ集団メンサも標準偏差24に基づく検査を実施しており、メンサ会員という人のIQはまず間違いなく、キャテルスケールに基づくものを言っています。

簡単にIQを測定する方法

「IQは測って見たいけど、病院に行く時間も勇気もないよー」という人たぶんいますよね。あなたも?

そういう方にオススメなのはFiqureというサイト(標準偏差は15です)

testmyintelligence.com

このサイトは30分程度かかる本検査と5分程度で測れる簡易検査があり、本気で測りたい人は本検査、ちょっと試して見たい人は簡易検査をやって見てください。ただし英語です。

簡易検査はタブの中のFree testから受けられます。

Fiqureのテストはレーブン暫時式マトリックスという方式の検査で、ウィクスラー式に比べて測れる知能の尺度は限定的なのですが、一番純粋な知能に近いと言われる流動性知能を測定する検査として非常に信頼性があります。

メンサの入会試験でも主に同様な方式で行われていると言われています。

この検査による推定IQがウィクスラー式のIQと完全に一致するわけではないのですが、ネット上で受けられる検査としてはある程度の信頼性はありますので、一度試して見てくださいね。

まとめ

今回はIQについて解説しました。でも重要なことはIQは人の特性の一つであって、その人の価値を表すものではないということです。上でも見たように将来の成功を予測するのはIQよりもワーキングメモリーという研究結果もあります。

自分の特性を知って、これからの人生豊かにしていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Learning science Labo , 2018 All Rights Reserved.